スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グラディエーター! 悪役でも一生懸命な男たち!

 PSPでの新作も発表されて延期されて延期され、剣闘に魅入られた奴隷たちをヤキモキさせるニクイやつ。
 GLADIATOR -ROAD TO FREEDOM- REMIX アーテインベストをやってます。

 私が奴隷になった――もとい、このゲームを買ったのは半年くらい前でしたが、なぁなぁで積んでいた所、本日ちょっとした機があったので再開。
 とりあえず、無事解放奴隷・自由人になることができました。故郷に帰るエンドを一応見た後、セーブ前からやり直して、今度は自由人剣闘士として最終日を迎えるプレイに入ったところです。

 このゲーム、中々に難易度が高く、力技だけで押し切るのは至難の業です。

 力技で押し切りましたが。

 具体的に言うと、精錬(金と素材で装備をこねくり回して、強化させたり弱体化させたりして調整する)を使って重量と攻撃力を上げたフレイル振り回して敵の装備をカッ剥ぐスタイル。
 強力な有名剣闘士をどつきまわして、徒手空拳にひん剥いて。ジャブで必死に立ち向かってくるのを、気合でドッジ(避け行動)、そしてカウンター。無防備になった脳天にフレイル叩きこむ快感に、ワタクシすっかり魅せられてしまいました。

 どう考えてもヒール。

 上級剣闘士になろうとも、低いレベルの剣闘も厭わず参加して金を稼ぎます。勿論、ウチの子はどちらかというと必ず兎狩りにも全力を尽くすタイプ。
 赤黒い血に染まった改造フレイルが、コロッセウムで絶え間なく唸る。
 敵も味方も一切の容赦区別なく、近づく闘士は希望と命を強制的に破棄される。
 面貌を覆う兜の下には、血も涙も、無い。

 どう考えてもヒール。(二回言った)

 

 でもこのスタイルだと模擬戦争とか最強剣闘士ダナオスとかに勝てなかったから最後は槍の下段突き連打で足殺し。
 単調なファイトスタイルを野次る、客のブーイングも何のその。
 そう、これぞ必殺のアリキック!(槍です)

 一部では退屈な凡戦といわれ、評価は「見所なし」だったが…………
 ダナオスは訓練場に帰るや階段途中でダウンし、そのまま入院した!
 そして、この対決での足のダメージが史上最強の天才ダナオスのグラディエーター寿命をちぢめたのだから……
「あの半裸め!」
 最後に勝ったのはどちらか!?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

矢部小路

Author:矢部小路
黄ト紫
が本サイトでした。
今はもう、ない。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
つぶやき
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
バナーリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。